2018.3.7 17:15

田中「いい状態」をアピール フライ級転向後初戦へ/BOX

田中「いい状態」をアピール フライ級転向後初戦へ/BOX

フライ級転向後の初戦に向け、練習を公開した田中恒成=名古屋市

フライ級転向後の初戦に向け、練習を公開した田中恒成=名古屋市【拡大】

 昨年12月に世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級王座を返上した田中恒成(畑中)が7日、フライ級転向後初戦となる31日のノンタイトル戦に向けた練習を名古屋市内で公開し「体調もいいし、練習もできている。いい状態」と動きの良さをアピールした。

 2ラウンドのスパーリングで持ち前の俊敏さと力強いパンチを披露。昨年9月の世界戦で骨折した両目眼窩底の調子も良く、ことし2月にはWBO世界ミニマム級王者の山中竜也(真正)ともスパーリングをした。順調に仕上げている田中は「KOを狙っていくが、やるべきことをやって確実に勝っていきたい」と力を込めた。

 対戦相手のロニー・バルドナド(フィリピン)については「年も同じでパンチも力強く、勢いがあって元気な選手」と分析した。

  • フライ級転向後の初戦に向け、練習を公開した田中恒成(右)=名古屋市