2018.3.5 05:01

貴ノ岩、相撲取らず…貴親方の“出場最終判断”あと4日

貴ノ岩、相撲取らず…貴親方の“出場最終判断”あと4日

特集:
貴乃花親方
貴ノ岩

貴ノ岩【拡大】

 大相撲春場所(11日初日、エディオンアリーナ大阪)モンゴル出身の西十両12枚目貴ノ岩(28)は4日、京都・宇治市の貴乃花部屋で四股、てっぽう、軽いぶつかり稽古などを行ったが、この日も相撲は取らなかった。師匠の貴乃花親方(45)=元横綱=は春場所出場の可否を取組編成会議前日の8日に師匠判断で下す、としている。

 元横綱日馬富士による傷害事件で頭部などに暴行を受けた貴ノ岩は昨年九州場所に続き、1月の初場所も全休。春場所は救済措置で十両に据え置かれた。貴ノ岩は1日に事件発覚後初めて口を開き、稽古再開は京都入りした2月26日で四股などの基礎運動を重ねても「まだしっくりはきていない」と口にした。

 暴行被害による心身のダメージは通常の休場とは大きく異なり、3カ月以上も相撲を取れない現状のなか、最終判断が下るまであと4日間。ごく短期間で相撲勘を戻す“至難の業”に挑む。