2018.3.5 12:26

女子マラソン元日本代表を起訴 執行猶予中にキャンディーなど万引

女子マラソン元日本代表を起訴 執行猶予中にキャンディーなど万引

原裕美子被告=2014年1月

原裕美子被告=2014年1月【拡大】

 群馬県太田市内のスーパーで菓子などを万引したとして、前橋地検太田支部は5日までに、窃盗罪でマラソンの元世界選手権代表選手で飲食店店員の原裕美子容疑者(36)=栃木県足利市=を起訴した。起訴は2日付。

 起訴状によると、2月9日午後8時45分ごろ、キャンディー1袋など3点(販売価格計382円)を盗んだとしている。

 群馬県警によると、店側が取り押さえ、太田署に現行犯逮捕された。「店を出る前に商品を戻すつもりだった」と容疑を否認している。

 原被告は世界選手権に2度出場し、2005年のヘルシンキ大会では6位に入賞。足利市内のコンビニで化粧品や食料品を万引したとして、昨年11月に執行猶予付きの有罪判決を受けていた。