2018.3.1 15:59

栄氏、伊調へのパワハラ否定「誰かが事を大きくしたいんでしょ?」/レスリング

栄氏、伊調へのパワハラ否定「誰かが事を大きくしたいんでしょ?」/レスリング

2008年北京五輪で金メダルを獲得した伊調(上)を肩車で祝福する栄氏。いつから師弟関係にヒビが入ったのか

2008年北京五輪で金メダルを獲得した伊調(上)を肩車で祝福する栄氏。いつから師弟関係にヒビが入ったのか【拡大】

 2016年リオデジャネイロ五輪女子レスリングで五輪4連覇を果たした伊調馨(33)=ALSOK=が、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)からパワーハラスメントを繰り返し受けたとして、レスリング関係者が代理人弁護士を通じ、告発した問題について、栄氏は1日放送のフジテレビの情報番組「とくダネ!」(月~金曜前8・0)の電話取材に応じ、告発内容を否定した。

 伊調を指導していた田南部男子フリースタイル日本代表コーチに圧力をかけたかと問われた栄氏は「してないです。彼は男子のコーチなので、男子の選手をしっかり見てから伊調を見なさいと指示しただけ」と、男子を優先してほしいと指示はしたが、コーチングは禁止していないと説明した。

 伊調に男子の合宿参加を禁じたかと問われると、「ないです。それは自由」と否定も、「ただ合宿とかの時には女子の合宿に来ないで男子のところでやっていると、それはチームが乱れますからチームの問題もあるので。それは自由勝手にされたらあれじゃないですか」と理解を求めた。

 伊調との間にトラブルがあったのかという質問には「全然ないですよ。特別トラブルもないし特別に仲良く食事することもない」と強調。伊調との間にわだかまりも「全然ない。今になって彼女が本当にここまで言ったのかな?と思うぐらい」と驚きの声を上げ、この問題で出てきたことに「誰かが事を大きくしたいんでしょ?」と黒幕がいることを示唆した。

 伊調が練習場所としていた警視庁レスリング部の出入りを禁止したのかの問いにも「(田南部氏と伊調の)2人の練習内容とかは僕らは分かりませんけど、なんで僕のせいになるのか分からない」と心当たりはないと答えた上で、「伊調の練習場所のどうのこうの言うよりも彼女が今復帰して練習したいかどうかも分からないし、彼女自身が練習場所を探していることも僕は分からないし、全然そこら辺は関知してない」と首を傾げた。

 2年後の東京五輪では伊調の5連覇に期待がかかるが「本人がやりたければじゃないですか?」とあくまでも本人次第と語り、「勝てなければしょうがないですけどね国内で。吉田(沙保里)だってそう。伊調だけではないですから。吉田も他の選手もいますから、どう考えるかは本人じゃないですか?」とコメントした。