2018.3.1 05:00

羽生、公式行事なく静養 世界選手権出場は右足首の状態をみて判断/フィギュア

羽生、公式行事なく静養 世界選手権出場は右足首の状態をみて判断/フィギュア

特集:
羽生結弦

 フィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を飾った羽生結弦(23)=ANA=は28日、静養に努めたとみられる。前日2月27日は会見やイベントが続き、東京都内の5カ所を行脚するなど大忙しの一日だったが、この日は公式行事がなかった。次戦の主要大会である世界選手権(3月21~24日、イタリア・ミラノ)の出場は、負傷した右足首の状態をみて判断する。