2018.2.25 18:43

女子70キロ級新添、殊勲も表彰台逃す「取り切れなかった」/柔道

女子70キロ級新添、殊勲も表彰台逃す「取り切れなかった」/柔道

女子70キロ級でモンゴル選手と対戦する新添左季=デュッセルドルフ(共同)

女子70キロ級でモンゴル選手と対戦する新添左季=デュッセルドルフ(共同)【拡大】

 柔道のグランドスラム・デュッセルドルフ大会第2日は24日、ドイツのデュッセルドルフで男女計4階級が行われ、女子70キロ級の新添左季(山梨学院大)は5位だった。

 女子70キロ級の新添は準決勝、3位決定戦で連敗。表彰台に立つことはできず「最後の2試合は負ける試合ではなかったのに、取り切れなかった」と後悔した。

 ただ準々決勝では殊勲の星を挙げた。リオデジャネイロ五輪銀メダルで世界選手権3度優勝のジュリ・アルベアル(コロンビア)に内股で一本勝ち。21歳のホープは「うれしかった。勝ってしまったと思った」と屈託ない笑顔を見せた。(共同)