2018.2.25 23:24

日本、フィリピンに敗れる W杯アジア1次予選/バスケ

日本、フィリピンに敗れる W杯アジア1次予選/バスケ

フィリピンに敗れ4連敗となり、肩を落として引き揚げる日本代表=マニラ(共同)

フィリピンに敗れ4連敗となり、肩を落として引き揚げる日本代表=マニラ(共同)【拡大】

 バスケットボール男子の2019年ワールドカップ(W杯)アジア1次予選は25日、マニラで第4戦が行われ、世界ランキング52位でB組の日本は84-89で同31位のフィリピンに敗れ、4連敗となった。

 日本は第1クオーターを22-21とリードしたが、フィリピンの反撃に屈した。

 アジア1次予選は16チームが4組に分かれ、ホームアンドアウェー方式で対戦。各組上位3チームが2次予選に進む。

 日本は20年東京五輪の開催国枠が確定していない。日本協会は出場枠確保に向け、W杯での16強入りなどの実力が必要との見解を示している。(共同)

ラマス日本代表監督の話「予想よりも早く、フィリピンが追い上げてきた。ディフェンス、特にリバウンドが良くなかったことが負けた要因。もっと安定感を持ったレベルの高いチームをつくらないといけない」

比江島慎の話「今回に限らず、僕が代表に入って接戦を勝ちきるという試合が少ない。明らかに実力不足、経験不足」