2018.2.25 11:50

設楽悠、日本新で1億円ゲット!「正直、狙っていなかった」/マラソン

設楽悠、日本新で1億円ゲット!「正直、狙っていなかった」/マラソン

2位でゴールした設楽悠太=東京都千代田区(撮影・今野顕)

2位でゴールした設楽悠太=東京都千代田区(撮影・今野顕)【拡大】

 東京マラソン(25日、東京都庁前-東京駅前)2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」出場権が懸かる大会。設楽悠太(26)=ホンダ=が日本新記録の2時間6分11秒で日本勢最高の2位に入り、2002年10月に高岡寿成がマークした2時間6分16秒を更新した。14年東京覇者ディクソン・チュンバ(31)=ケニア=が2時間5分30秒で制した。(タイムは速報値)

 設楽悠との一問一答は以下の通り。

 --ゴールの瞬間、倒れ込んだ

 「今回は記録よりも勝つことを意識していた。総合1位を取ることはできなかったが、日本人1位を取ることができてうれしい。前は見えていたけど、あれが僕の限界だった」

 --日本記録を16年ぶりに更新した

 「僕もそんなに正直、狙っていなかった。2時間9分以内を目標にやっていたので、達成できてよかった」

 --実業団マラソン特別強化プロジェクトから1億円の報奨金

 「最後まで『1億円取ってこい』と声をかけてくれる方々がいたので、しっかりがんばれた」

 --現在の心境は

 「いまはちょっと休みたい。次はまだ試合の予定がない。3月はもう走らない。土日試合がないとサボっちゃうので…。次の試合がある分、日頃の練習をがんばれる。いまの練習は間違っていない。これからも同じ練習をすれば必ず結果がついてくる。たくさん沿道から応援されるのは東京マラソンしかない。沿道の方々のおかげで取れた」

 --38キロ過ぎで井上を抜いた

 「32キロぐらいで負けたと思ったけど、30キロ以降は応援があったから、がんばることができた。家族の応援は声でわかったので、会社の方々もたくさん応援に来ていたので、あきらめずに走ることができた。30キロ以降は走力ではなく応援の力で走れた」

  • 2位でゴールした設楽悠太=東京都千代田区(撮影・今野顕)
  • 2位でゴールし倒れ込む設楽悠太=東京都千代田区(撮影・今野顕)
  • 優勝したチュンバ=東京都千代田区(撮影・今野顕)
  • 4位でゴールする井上大仁=東京都千代田区(撮影・今野顕)
  • 都庁前から一斉にスタートするランナー=東京都新宿区(撮影・佐藤徳昭)
  • ゴール前、力走する猫ひろし=東京都千代田区(撮影・今野顕)