2018.2.21 20:34

衣装はだけるアクシデントに負けず銀メダルのアイスダンス仏ペア「最高の演技ができた」 

衣装はだけるアクシデントに負けず銀メダルのアイスダンス仏ペア「最高の演技ができた」 

 平昌五輪アイスダンスでショートダンス(SD)首位のテッサ・バーチュー、スコット・モイヤー組(カナダ)がフリー2位となり、世界歴代最高の合計206・07点で2大会ぶりの金メダル。SD2位のガブリエラ・パパダキス、ギヨーム・シゼロン組(フランス)がフリーで世界歴代最高の123・35点を出し、合計205・28点で2位。仏ペアは会見で「最高の演技ができた」と語った。

詳細結果へ

平昌五輪特集へ