2018.2.7 23:38

元日馬富士がモンゴル入り 引退後初、取材には応じず

元日馬富士がモンゴル入り 引退後初、取材には応じず

特集:
元日馬富士・暴行問題

 暴行事件の責任を取り、昨年11月に引退した大相撲の元横綱日馬富士が7日夜、母国、モンゴル入りした。引退後に帰国が確認されたのは初めて。目的や滞在期間は不明。

 首都ウランバートルの空港に到着した元日馬富士関はまげを結い、コート姿。共同通信の取材に対し「何も話したくない」とモンゴル語で拒否し、帰国の目的などについては答えなかった。

 モンゴルの日刊紙、オノードル紙は1日、元日馬富士関の母親のインタビューを掲載。母親は元日馬富士の帰国について「日本でやることがたくさんある。帰国は来年か2020年になる」と答えていた。

 元日馬富士は昨年10月の秋巡業中に鳥取市内の酒席で貴ノ岩に暴行を振るった。傷害罪で略式起訴され、鳥取簡裁から略式命令を受け罰金50万円を納付した。(共同)