2018.2.7 19:46

貴乃花親方、勝算ない選挙に臨んだ理由明かす「事件性のことからもきている」

貴乃花親方、勝算ない選挙に臨んだ理由明かす「事件性のことからもきている」

特集:
貴乃花親方
貴乃花親方

貴乃花親方【拡大】

 大相撲の貴乃花親方(45)が7日放送のテレビ朝日系「独占緊急特報!!貴乃花親方すべてを語る」(後7・00)に出演。元横綱日馬富士の十両貴ノ岩(27)に対する傷害事件や落選した理事候補選挙について胸中を語った。

 インタビュア-を務めた山本晋也氏(78)から理事候補選後の心境を問われた貴乃花親方は「スッキリしてます。やるだけやった」と話した。

 勝算はどうだったのか問われると「同門の阿武松親方と2人出た時点でまったく。阿武松さんに話をするべきだと思っていた」と語った。一門から2人出馬した理由としては「双方の意思が強かった」と明かした。

 また、理事候補選を獲得票数2票で落選したことについては「どういう環境で親方をしているかということでは」と話し、「ただ協会に属している相撲部屋でやっていくのか、それとも相撲部屋として骨格のあるべき姿を目指していくのか。この判断が出た」と分析した。

 勝算のない戦いに挑んだ貴乃花親方。「選挙にしたかったというよりも、一門の代表ということもあるし、引けばいいということではない。ここまできているのは、事件性のことからもきている」とし、傷害事件とも関わりがあると説明した。また「これを律していかなければという。一人でもいるんだということは見せなきゃいけないと思っていた」と明かした。

 山本氏から「敗れて悔いなしと」と問いかけられると「そうですね。悔いはないです」と同調した。