2018.2.4 18:24

元関脇朝赤龍が引退相撲 断髪式では白鵬らがはさみ

元関脇朝赤龍が引退相撲 断髪式では白鵬らがはさみ

断髪式で横綱白鵬(左)にはさみを入れられる元関脇朝赤龍の錦島親方=東京・両国国技館

断髪式で横綱白鵬(左)にはさみを入れられる元関脇朝赤龍の錦島親方=東京・両国国技館【拡大】

 昨年5月の大相撲夏場所前に現役を引退した元関脇朝赤龍の錦島親方(36)=本名バダルチ・ダシニャム、モンゴル出身、高砂部屋=の引退相撲が4日、東京・両国国技館で行われ、断髪式では横綱白鵬ら約250人がはさみを入れた。同親方は「いろいろな思い出が浮かんできた。幸せです」としみじみと語った。

 錦島親方は同じモンゴル出身の元横綱朝青龍とともに高知・明徳義塾高に相撲留学。2000年初場所で初土俵を踏み、07年秋場所で新関脇となった。けがに強い力士を育てることを目標に掲げ「けががなければ(番付も)上がっていく。自分が学んできたことを教えたい」と柔和な表情で話した。

  • 断髪式で師匠の高砂親方(左)に大銀杏(おおいちょう)を切り落とされる元関脇朝赤龍の錦島親方=東京・両国国技館