2018.2.4 16:40

元旭鷲山「みんなと仲良くなった人間が上まで行っちゃう」 相撲協会の理事候補選挙を語る

元旭鷲山「みんなと仲良くなった人間が上まで行っちゃう」 相撲協会の理事候補選挙を語る

特集:
貴乃花親方
元旭鷲山のダバー・バトバヤル氏

元旭鷲山のダバー・バトバヤル氏【拡大】

 元小結旭鷲山のダバー・バトバヤル氏(44)が4日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)にVTR出演。2日に東京・墨田区の両国国技館で行われた日本相撲協会の理事候補選挙について語った。

 選挙では、貴乃花親方(45)=元横綱=がわずか2票の得票で落選し、5期連続の当選を逃した。バトバヤル氏は選挙の結果について聞かれると「一門会とかいろいろずーっとあったんで、これからもあるとずっとあると思いますけど。やっぱりみんなと話したり、仲良くなった人間がけっこう上まで行っちゃうんですよね」と自身の経験を踏まえて語った。

 貴乃花親方は元横綱日馬富士(33)の暴行問題で、報告義務を怠ったなどとして1月に理事を解任されていた。八角理事長(54)=元横綱北勝海=や、部屋の過去の傷害事件が発覚した春日野親方(55)=元関脇栃乃和歌、初出馬の阿武松親方(56)=元関脇益荒雄=と芝田山親方(55)=元横綱大乃国=は当選した。