2018.2.1 19:55

内村「痛み気にならない」…体操男子が強化合宿公開

内村「痛み気にならない」…体操男子が強化合宿公開

特集:
内村航平

 体操男子で五輪個人総合2連覇の内村航平(リンガーハット)や昨年の世界選手権種目別の床運動、跳馬で2冠に輝いた白井健三(日体大)らが1日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を公開した。内村は昨年10月の左足首負傷からの復活を目指しており「痛みは多少あるが、気にならない」と明るく話した。

 内村は1月に約10日間、オーストラリアのブリスベンで合宿に臨んだ。夏の南半球で練習を積んで調子が上向き、床運動の一部の技を除いてほぼこなせるまでに回復したという。復帰戦の種目別で争われるワールドカップ(W杯)カタール大会(3月21~24日・ドーハ)では床運動以外の5種目に出場予定で「『やっぱり強い』と思ってもらえる姿をもう一度見せたい」と闘志を燃やした。

 白井は計6種目で争われる個人総合のアメリカン・カップ(3月3日・シカゴ)が今年初戦となる。練習では鉄棒に入念に取り組み「床運動、跳馬の他にも活躍の幅を広げたい」と語った。