2018.1.28 14:37

松田、地元大阪で初マラソンV! カトパンも仰天の腹筋女王

松田、地元大阪で初マラソンV! カトパンも仰天の腹筋女王

1位でゴールする松田瑞生=ヤンマースタジアム長居(撮影・恵守乾)

1位でゴールする松田瑞生=ヤンマースタジアム長居(撮影・恵守乾)【拡大】

 大阪国際女子マラソン(28日、大阪市のヤンマースタジアム長居発着)今夏のジャカルタ・アジア大会の代表選考会も兼ねて行われ、初マラソンの松田瑞生(22)=ダイハツ=が2時間22分44秒で制し、19年9月以降に開催予定の東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ(GC)」の出場資格を獲得した。(タイムは速報値)

 完璧に仕上がった自慢の腹筋を生かし、初の42・195キロを駆け抜けた。松田は大阪薫英女学院高の後輩で昨年の北海道マラソンを制した前田穂南(21)=天満屋、昨夏の世界選手権代表の安藤友香(23)=スズキ浜松AC=と三つ巴の優勝争いを展開。25キロ過ぎに前田が抜け出したが、31キロ手前で追い抜くと、その後は世界選手権で1万メートルに出場したスピードを生かし独走態勢に入った。

 体が反る癖を修正するため、大阪薫英女学院高時代から腹筋を鍛えてきた。専門書を読みあさって研究。10種類のメニューで1日1時間半から2時間、腹筋を計2000回、多いときで3500回こなす。現役時代に1日2000回行っていた2000年シドニー五輪金メダルの高橋尚子さんに負けていない。昨年は最終的に1年間で21万9520回、腹筋をしたという。

 毎朝、バキバキに割れたおなかを鏡でチェックするのが日課。先日、今大会の中継でMCを務めるカトパンこと加藤綾子アナウンサーが取材に訪れた際、見事な肉体美を披露し「すごい!! カッコイイ~!!」と驚かせた。

 大阪を制したダイハツ所属選手は過去2人。初マラソンで優勝した1992年の小鴨由水は同年バルセロナ五輪、93年女王の浅利純子は大阪を足がかりに96年アトランタ五輪出場につなげた。大阪市住吉区の実家は発着のヤンマースタジアム長居から約3キロ。生まれ育った地元で、東京五輪への道を切り開いた。

優勝した松田の話「大阪の地で輝けてよかった。自分の親は世界一。心の支えでもあり、私の体を一番、わかっている。恩返しできた。これからもいい成績を残して、恩返ししていきたい」

  • 一斉にスタートする選手達。手前左から松田瑞生(14)、安藤友香(1)=ヤンマースタジアム長居(撮影・恵守乾)
  • 大会前、松田(右)は自慢の腹筋を披露する。加藤アナ(左)もビックリだった
  • スタートした選手たち=ヤンマースタジアム長居(撮影・沢野貴信)
  • スタートする選手ら=ヤンマースタジアム長居(撮影・鈴木健児)