2018.1.20 18:51

豪栄道、高校の後輩・貴景勝からにらまれ「気合が入った」 北の富士氏も優勝争いを期待/初場所

豪栄道、高校の後輩・貴景勝からにらまれ「気合が入った」 北の富士氏も優勝争いを期待/初場所

豪栄道が押し出しで貴景勝に勝つ=両国国技館(撮影・山田俊介)

豪栄道が押し出しで貴景勝に勝つ=両国国技館(撮影・山田俊介)【拡大】

 大相撲初場所7日目(20日、東京・両国国技館)大関豪栄道(31)は新小結貴景勝(21)を押し出し、連敗を2でとめ、5勝目を挙げた。

 横綱が1人となった場所で、看板力士として活躍が期待される大関の意地を見せた。最後の仕切りで母校・埼玉栄高の後輩でもある貴景勝とにらみ合いとなったが、「あれで気合が入った」と負けん気をのぞかせた。「相手の立ち合いだったけど、動きは悪くなかった」と3日ぶりの白星に胸をなで下ろした。

 NHKでラジオ解説を務めた北の富士勝昭氏(75)=元横綱=は、「優勝争いは(全勝の)鶴竜と御嶽海、あと豪栄道。この3人かな」と期待を寄せた。「まだまだ負けられない。意識していないけど、どこかでチャンスがあるかもしれない」と虎視眈々(たんたん)と全勝の2人を追う。

7日目結果へ中日取組へ