2018.1.14 16:47

ルンビ、自身初の3連勝「今まで飛んだ中で最高のジャンプ」/ジャンプ

ルンビ、自身初の3連勝「今まで飛んだ中で最高のジャンプ」/ジャンプ

今季4勝目を挙げ、笑顔でおどけるマーレン・ルンビ=宮の森

今季4勝目を挙げ、笑顔でおどけるマーレン・ルンビ=宮の森【拡大】

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子札幌大会最終日は14日、札幌市宮の森ジャンプ競技場で個人第6戦(ヒルサイズ=HS100メートル)が行われ、マーレン・ルンビ(ノルウェー)が95・5メートル、2回目に最長不倒の98・5メートルを飛び、251・6点で3連勝し、今季4勝目、通算8勝目を挙げた。

 ルンビが2位の高梨に20・2点差をつけて圧勝し、W杯で自身初の3連勝を果たした。通算8勝のうち、3勝が札幌大会と好相性で「ここは大好き」と笑顔だった。

 特に2回目が圧巻だった。力強い踏み切りでぐんぐん伸ばし、ヒルサイズまで1・5メートルに迫り「今まで飛んだ中で最高のジャンプ。本当にうれしかった」と自賛した。好調を維持しながらも、札幌大会から助走姿勢を改良するなど貪欲だ。金メダルを狙う平昌冬季五輪に向け「五輪で勝つためには、これからのW杯も勝たないといけない」と表情を引き締めた。

  • 優勝したマーレン・ルンビの2回目の飛躍=宮の森