2018.1.14 15:37

兵庫が14年ぶり栄冠 全国都道府県対抗女子駅伝

兵庫が14年ぶり栄冠 全国都道府県対抗女子駅伝

全国都道府県対抗女子駅伝で14年ぶりの優勝を果たし、笑顔で記念撮影する兵庫の選手ら=西京極陸上競技場

全国都道府県対抗女子駅伝で14年ぶりの優勝を果たし、笑顔で記念撮影する兵庫の選手ら=西京極陸上競技場【拡大】

 第36回全国都道府県対抗女子駅伝は14日、京都市の西京極陸上競技場発着の9区間、42・195キロで行われ、兵庫が2時間15分28秒で、2連覇した2004年以来14年ぶり4度目の優勝を果たした。

 5区で2位に浮上した兵庫は7区で樽本知夏(須磨学園高)が区間賞の走りで長崎をかわして首位に立った。8区の石松愛朱加(浜の宮中)も区間1位となるなど、リードを広げて逃げ切った。

 2連覇を狙った京都は1分13秒差の2位となり、さらに1秒差の3位に長崎が入った。昨年準優勝の岡山は4位だった。

兵庫・榎本隆夫監督の話「6区でトップを争っていれば勝てると思っていた。適材適所、能力に応じた配置ができた。『陸上王国』と言われながら優勝が遠かった。本当に長かった」

  • 全国都道府県対抗女子駅伝で14年ぶりの優勝を果たし、胴上げされる兵庫の榎本隆夫監督=西京極陸上競技場
  • 全国都道府県対抗女子駅伝でゴールする兵庫のアンカー・福田有以。14年ぶり4度目の優勝を果たした=西京極陸上競技場
  • 全国都道府県対抗女子駅伝でゴールする兵庫のアンカー・福田有以=西京極陸上競技場
  • 1区で集団から抜け出し、トップを走る兵庫・田中希実=京都市内(代表撮影)