2018.1.7 05:03(1/2ページ)

洛南、8強の壁破った!1メートル93のスーパー2年生・大塚が躍動/春高バレー

洛南、8強の壁破った!1メートル93のスーパー2年生・大塚が躍動/春高バレー

特集:
熱戦!春の高校バレー
崇徳との準々決勝で、得点が決まり喜ぶ洛南・大塚。将来の日本代表入りが期待される逸材だ(撮影・福島範和)

崇徳との準々決勝で、得点が決まり喜ぶ洛南・大塚。将来の日本代表入りが期待される逸材だ(撮影・福島範和)【拡大】

 全日本高校選手権第3日(6日、東京体育館)3回戦と準々決勝が行われた。男子は洛南(京都)が準々決勝で崇徳(広島)に2-0で勝利。U-19日本代表にも選出されたエース、大塚達宣(たつのり、2年)の活躍で4強入りした。高校総体王者の鎮西(熊本)、前回準優勝の東亜学園(東京第1)、高川学園(山口)も準決勝進出。女子は総体覇者の東九州龍谷(大分)、国体を制した大阪の主力を占めた金蘭会(大阪第1)、総体準優勝の誠英(山口)などがベスト4入りした。

【続きを読む】

  • 第70回春の高校バレー(男子)