2018.1.5 11:30

白鵬は全勝と上々、稀勢の里は腰高目立ち不安も 稽古総見

白鵬は全勝と上々、稀勢の里は腰高目立ち不安も 稽古総見

特集:
稀勢の里
稽古総見に参加した横綱白鵬=両国国技館の相撲教習所

稽古総見に参加した横綱白鵬=両国国技館の相撲教習所【拡大】

 大相撲初場所(14日初日、両国国技館)に向けた横綱審議委員会(横審)による稽古総見が5日午前、東京都墨田区の両国国技館で実施され、昨年秋巡業中に起きた元横綱日馬富士の暴行事件で、現場の酒席に同席していたことで日本相撲協会から減給処分を受けた白鵬、鶴竜の両横綱がともに相撲を取った。

 今年の稽古始めとなった白鵬は、平幕正代と7番。鋭い当たりからの出足で全勝と上々だった。稽古後は「今日は取るつもりだったか」と聞かれ「まあね」と一言だけ残して引き揚げた。

 鶴竜は横綱稀勢の里や大関高安らを相手に13勝1敗。鶴竜と同じく4場所連続休場から再起を図る稀勢の里は腰高が目立ち、2勝6敗と不安を抱かせた。

 横審の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は昨年12月20日の臨時会合後、立ち合いで相手に肘をぶつけるようなかち上げや激しい張り手を多用する白鵬の取り口について「横綱相撲とは到底言えない。美しくない」などの投書を引用し、異例の苦言を呈した。5日は立ち合いで1度だけ張ったが「ひっぱたいてばかりでなく、ああいう立ち合いを本場所でもやればいい」と述べた。

  • 稽古総見で汗を流す横綱白鵬(左)。奥右端から横審の北村正任委員長、日本相撲協会の八角理事長=両国国技館の相撲教習所
  • (前列左から)日本相撲協会の八角理事長、横綱審議委の北村正任委員長らが見つめる中、稽古総見に参加した横綱白鵬(右端)=両国国技館の相撲教習所
  • 稽古総見で力士の動きを見つめる横綱審議委員会の北村正任委員長。手前は横綱白鵬=両国国技館の相撲教習所
  • 稽古総見で汗を流す横綱鶴竜(右)=両国国技館の相撲教習所
  • 稽古総見で汗を流す稀勢の里(左)と鶴竜の両横綱=両国国技館の相撲教習所