2018.1.4 05:00

【展望】高校総体覇者の鎮西は比較的楽なブロックか

【展望】

高校総体覇者の鎮西は比較的楽なブロックか

 「春の高校バレー」の愛称で親しまれている第70回全日本バレーボール高校選手権大会は4日、東京体育館で開幕する。

 男子は混戦か。2連覇を狙う駿台学園は、愛工大名電との対戦が予想される初戦の2回戦がカギだ。高校総体準優勝の開智も、2回戦で高さを誇る創造学園との対戦が予想される。高校総体覇者の鎮西は、比較的楽なブロックか。昨年準優勝の東亜学園は、準決勝で大村工対習志野の勝者という厳しい相手との対戦が予想される。

 女子では高校総体を制した東九州龍谷が国体でも準優勝しており、優勝候補の筆頭。準決勝は、誠英との総体決勝の再現となりそうだ。国体で優勝した大阪の主戦力だった金蘭会は、世界ユース代表を6人擁する戦力の充実ぶり。下北沢成徳との準決勝での対戦が予想される。好選手を擁する福井工大福井や柏井がどこまで食い込めるか。