2018.1.4 01:36

安藤ら2回目に進めず W杯女子回転/アルペン

安藤ら2回目に進めず W杯女子回転/アルペン

W杯女子回転 安藤麻の1回目=ザグレブ(共同)

W杯女子回転 安藤麻の1回目=ザグレブ(共同)【拡大】

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は3日、ザグレブで女子回転第6戦が行われ、昨年末に全日本選手権4連覇を果たして平昌冬季五輪代表候補となった21歳の安藤麻(東洋大)は1回目に58秒05の36位で上位30人による2回目に進めなかった。これが代表候補となってから初のW杯だった。

 31歳の長谷川絵美(サンミリオンク)も58秒21の39位で2回目に進めず、34歳の清沢恵美子(成城ク)は途中棄権。ソチ冬季五輪金メダルのミカエラ・シフリン(米国)が優勝した。(共同)

安藤麻の話「中盤で思った以上にスピードに乗ってしまって、それに負けてしまった。びびってしまった」

清沢恵美子の話の話「周りの状況は気にせず、自分のことにフォーカス(集中)した。(途中棄権にも)自分に恥じない滑りは出せた」

長谷川絵美の話「緩斜面でスピードをうまくつなげず、ブレーキがかかってしまった。やってはいけないミス。悔しい」