2018.1.2 08:08

東大・近藤、インフルエンザで1区欠場「他のメンバーが母校の誇りを胸に力走してくれるはず」/箱根駅伝

東大・近藤、インフルエンザで1区欠場「他のメンバーが母校の誇りを胸に力走してくれるはず」/箱根駅伝

関東学連選抜の東大・近藤秀一

関東学連選抜の東大・近藤秀一【拡大】

 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走往路(2日、東京・大手町-神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場107・5キロ)21チームが出場して行われ、1区(21・3キロ)にエントリーしていた関東学連選抜の東大・近藤秀一(3年)は、インフルエンザ発症のため、芝浦工大・矢沢健太(4年)に当日変更となった。

 近藤は自身のツイッターで「インフルエンザを発症してしまったため箱根駅伝を欠場します。自分の走りを楽しみにしてくださっていた皆さま、大変申し訳ありません」と謝罪。「他のメンバーが母校の誇りを胸に力走してくれるはずです。チームの応援をよろしくお願いします」とつづった。