2018.1.1 04:03(3/4ページ)

井岡一翔が引退「3階級制覇かなえたときに引退しようと…」/BOX

井岡一翔が引退「3階級制覇かなえたときに引退しようと…」/BOX

去就が注目された井岡が、大みそかの夜に現役引退を電撃表明した(撮影・吉澤良太)

去就が注目された井岡が、大みそかの夜に現役引退を電撃表明した(撮影・吉澤良太)【拡大】

 現役の世界王者が進退を明言せず、ベルト返上という前代未聞の事態。さらに「プライベート優先」というあまりに突飛な理由に、親子の確執なども一部で報道された。しかし、引退を決めたというV5戦の一夜明け会見以来、250日ぶりに公の場に姿を見せた井岡が挙げた引退の理由は完全燃焼。「夢をかなえて引退できるのは幸せなこと。自分にとって一番思い入れがある大みそかに発表し、感謝の気持ちを伝えたかった」と話し、一法氏との関係についても「今の自分があるのは両親のおかげ。感謝している。引退を告げたとき父は『わかった』と言っていた」と話した。

 「人生にとってウオーミングアップ」と表現したボクシング。今後について具体的な説明はなかったが、「妻の存在が僕の支え。次のステージへのビジョンはできている」と話した。まだ28歳。年齢的にも現役復帰の可能性は否定できない。井岡も「あればこの会見はしていない。でも、ゼロではない」と話した。関係者によると、米国など海外に活動の場を求め、再びリングに立つことも選択肢のひとつにしているという。

【続きを読む】

  • 井岡一翔のプロ全成績