2017.12.31 05:03(1/3ページ)

立命大V5!佐藤、13位から一気トップで快勝導いた/富士山女子駅伝

立命大V5!佐藤、13位から一気トップで快勝導いた/富士山女子駅伝

富士山を背にフィニッシュテープを切る立命大のアンカー、真部(撮影・戸加里真司)

富士山を背にフィニッシュテープを切る立命大のアンカー、真部(撮影・戸加里真司)【拡大】

 全日本大学女子選抜駅伝(30日、富士山本宮浅間大社前-富士総合運動公園陸上競技場)7区間43・4キロに選抜を含む21チームが参加。立命大が2時間23分46秒で5連覇した。4年生1人の若いチームながら、2区の佐藤成葉(なるは、2年)が区間新記録の快走で首位に立つと、3区の田中綾乃(2年)、7区でも真部亜樹(2年)が区間新をマークして快勝した。10月の全日本大学女子駅伝を制した名城大は3位で、2冠には届かなかった。

【続きを読む】

  • たすきを受け取り、スタートする佐藤。快走で、チームを首位に押し上げた
  • 2区で区間賞をとり、記念撮影におさまる立命大・佐藤成葉=静岡県富士市の富士総合運動公園陸上競技場(撮影・戸加里真司)
  • 優勝しフィニッシュテープを切る、7区の立命大・真部亜樹=静岡県富士市の富士総合運動公園陸上競技場(撮影・戸加里真司)
  • 号砲が鳴り響くと大鳥居の前から一斉に選手たちが駆け出した=富士山本宮浅間大社(撮影・石原颯)