2017.12.25 01:26

樋口、代表逃し泣き崩れる 岡島コーチ「五輪に行かせてあげたかった」/フィギュア

樋口、代表逃し泣き崩れる 岡島コーチ「五輪に行かせてあげたかった」/フィギュア

特集:
坂本花織

 フィギュアスケートの平昌冬季五輪代表が24日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた全日本選手権後に発表され、2枠の女子は宮原知子(19)=関大=と坂本花織(17)=シスメックス=に決まった。

 女子で五輪代表を逃した樋口(東京・日本橋女学館高)は目を赤く腫らし「すみません」と一言だけ言い残して足早に会場を後にした。

 岡島コーチから「世界選手権代表は決まってよかった」と声を掛けられると、泣き崩れたという。五輪切符を手にした坂本を今季の世界ランキングなどで上回っていたが、4位に終わった全日本選手権でのミスが響いた。同コーチは「五輪に行かせてあげたかったが、代表を決める試合でミスしちゃいけない。まだ先があります」と教え子を気遣った。

樋口を指導する岡島功治コーチの話「(樋口は)泣いていた。代表を決める大切な試合でミスしちゃいけない。勝ち取った選手はしていない。(五輪に)行かせてあげたかった」