2017.12.24 05:04(2/3ページ)

宮原、涙の初五輪!フリーで逆転し真央以来の4連覇/フィギュア

宮原、涙の初五輪!フリーで逆転し真央以来の4連覇/フィギュア

特集:
坂本花織
宮原知子
演技を終えた宮原(手前)は喜びの涙を流す浜田コーチと笑顔で抱き合った 

演技を終えた宮原(手前)は喜びの涙を流す浜田コーチと笑顔で抱き合った 【拡大】

 思わず、ガッツポーズが飛び出た。「ミス・パーフェクト」の異名を持つ宮原らしく美しく舞った。2010年バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央(2006~09年)以来の4連覇。初めて五輪の出場権を獲得した。

 「今までで一番うれしい優勝。五輪に行きたい気持ちでいった。自分のスケート人生の中で、大きな一歩になった」

 表現力などを示す5項目の演技点では10点満点ですべて9点台をマークした。SPは坂本に首位の座を譲ったが、2位から逆転。国際スケート連盟非公認ながら自己ベストを更新する合計220・39点の圧勝劇だった。涙が頬を伝わった。

 「今までのスケート人生の中で、中身の詰まった重要な1年でした」

 1月に左股関節疲労骨折が判明。1カ月間、氷上にあがれない時期もあった。8月には右股関節の骨挫傷を負い、復帰プランに狂いが生じた。10月には浜田美栄コーチ(58)から、「五輪は(北京大会が次回開催される)5年後でもいい」と平昌大会断念を持ちかけられた。それでも宮原は「諦めていなかった。自分の気持ちが折れることはなかった」。11月の復帰戦から調子を上げ、五輪出場が懸かった大一番で復活をとげた。

【続きを読む】

  • 演技を終えた宮原は満面に笑みを浮かべてガッツポーズをみせた(撮影・松永渉平)
  • 宮原知子=23日、東京都調布市・武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・納冨康)
  • 宮原知子=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・松永渉平)
  • 女子で優勝した宮原知子=東京都調布市・武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・納冨康)
  • 女子フリー演技終了後、ガッツポーズ出す宮原知子=東京都調布市・武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・納冨康)
  • 女子フリー演技する宮原知子=東京都調布市・武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・納冨康)
  • 女子フリー演技する宮原知子=東京都調布市・武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・納冨康)
  • 女子フリー演技する宮原知子=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・松永渉平)
  • 女子フリー演技する宮原知子=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・松永渉平)
  • 日本女子の平昌五輪への道
  • 宮原知子・今季成績
  • 宮原知子・フリー得点詳細