2017.12.20 21:16

【会見一問一答】八角理事長、2横綱は「いかなる処分にも応じると言っていた」

【会見一問一答】

八角理事長、2横綱は「いかなる処分にも応じると言っていた」

特集:
元日馬富士・暴行問題
理事会を終え、会見に臨む八角理事長(左)、高野利雄・危機管理委員会委員長=両国国技館 (撮影・山田俊介)

理事会を終え、会見に臨む八角理事長(左)、高野利雄・危機管理委員会委員長=両国国技館 (撮影・山田俊介)【拡大】

 日本相撲協会は20日、東京都墨田区の両国国技館で開いた臨時理事会で、元横綱日馬富士の暴行事件を巡る関係者の処分を協議し、元日馬富士の師匠だった伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は監督責任を取って理事を辞任し、役員待遇委員に降格となった。巡業部長の貴乃花親方(元横綱)への処分は、協会危機管理委員会の聴取が終わっていないため先送りした。

 八角理事長と高野危機管理委員長は報道陣の質問に淡々と答えた。

 -貴ノ岩が聴取に応じたいきさつは。

 高野委員長 貴乃花親方が、検事から貴ノ岩が委員会の調査に応じることに差し支えないと言われたから。

 -調査結果は最終か。

 高野委員長 私としてはこれで終わりと考える。

 八角理事長 危機管理委員長に任せている。

 -貴ノ岩の様子は。

 高野委員長 快方に向かっていることは間違いないと思う。ただし稽古をしていないので体力は落ちている。体重が落ちていると言っていた。

 -貴乃花親方の聴取。

 高野委員長 なるべく早い時期に双方の都合を合わせて実施しようと合意している。

 -理事会前に両国国技館を離れた白鵬と鶴竜に処分をどう伝えたか。

 八角理事長 いかなる処分にも応じると言っていた。(処分は)鏡山(危機管理)部長が伝えた。

 高野委員長 処分するにあたり、本人(白鵬と鶴竜)の弁明を聞かなければならない。私が聞いた。

 -臨時理事会前に貴乃花親方から聴取し、処分を話し合うのか。

 八角理事長 危機管理委員会の提言があるのでそれを聞きたい。