2017.12.20 11:00(1/2ページ)

【二十歳のころ 清水久詞(2)】武豊さんに追い切ってもらったら食べない馬も食べる

【二十歳のころ 清水久詞(2)】

武豊さんに追い切ってもらったら食べない馬も食べる

特集:
二十歳のころ

 騎手の夢はかなわなかったけれど、調教師になる。二十歳のころは新たな目標に向かって、焦らず牧場で調教騎乗などの訓練を積みました。

 24歳となった1997年1月、中央競馬会(JRA)競馬学校の厩務員課程に入学し、卒業した7月、いよいよ調教師に向けての第一歩を踏み出しました。滋賀県・栗東トレーニングセンターの浜田光正厩舎に厩務員として配属されました。そこで、大きな出会いがいきなりあったのです。ファレノプシスという名の牝馬でした。

 父のブライアンズタイムは当時、多くのGI優勝馬を出していた大種牡馬。近親には94年の三冠馬ナリタブライアンなどがいるすばらしい血統です。なぜ、この素質馬を新人の僕が担当するのだろう、と疑問には思いましたが、とにかく期待に応えようと必死でした。のちに伝え聞いたところでは、浜田先生は「真っ白で、俺の言うことを100%聞く人間にやらせたかった」という意図だったようです。でも浜田先生は細かく言うタイプではなく、いつもドンと構えていました。それが逆に怖かったですね。

【続きを読む】