2017.12.19 18:29

貴乃花親方ら理事解任か 横審の提言に沿い白鵬、鶴竜への処分も 20日に理事会

貴乃花親方ら理事解任か 横審の提言に沿い白鵬、鶴竜への処分も 20日に理事会

特集:
日馬富士・暴行問題
貴乃花親方

貴乃花親方【拡大】

 大相撲の元横綱日馬富士による暴行事件を受け、日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の臨時会合と協会の臨時理事会が20日、東京都墨田区の両国国技館で開かれる。協会関係者によると、巡業部長でありながら秋巡業中での出来事の報告義務を怠った貴乃花親方(元横綱)や、元日馬富士の師匠だった伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)にはともに理事の解任を含めた処分が協議される見込み。

 ただ、調査している危機管理委員会(高野利雄委員長=元名古屋高検検事長)が、被害者の平幕貴ノ岩関を聴取できていないため、師匠に当たる貴乃花親方への巡業部長の解任も意味する処分については、理事会出席者らから「最終報告ができないのであれば、処分決定を持ち越してはどうか」との意見も出ている。

 不祥事の責任を取り、八角理事長(元横綱北勝海)ら協会執行部は報酬減額を軸とした処分を申し出る可能性がある。

 協会関係者によると、現場の酒席に同席した白鵬、鶴竜の両横綱は暴行を止められなかったことで、横審の提言に沿って理事会での処分が濃厚。両横綱は横審会合に出席を要請され、白鵬の師匠、宮城野親方(元幕内竹葉山)や鶴竜の師匠、井筒親方(元関脇逆鉾)も執行部の呼び出しを受けている。