2017.12.16 05:03

感謝感激の準決勝進出!米元&田中組が世界女王撃破/バドミントン

感謝感激の準決勝進出!米元&田中組が世界女王撃破/バドミントン

女子複で米元(手前)、田中組は世界選手権優勝ペアを破り、準決勝進出を決めた (共同)

女子複で米元(手前)、田中組は世界選手権優勝ペアを破り、準決勝進出を決めた (共同)【拡大】

 バドミントン・スーパーシリーズ・ファイナル第3日(15日、UAE・ドバイ)1次リーグ最終戦が行われ、女子複A組で米元小春(27)、田中志穂(25)組=北都銀行=が8月の世界選手権を制した陳清晨(20)、賈一凡(20)組=中国=に2-0で勝ち、通算2勝1敗の同組1位で準決勝に進出。同B組で世界選手権銀メダルの福島由紀(24)、広田彩花(23)組=再春館製薬所=はデンマークペアを2-0で下し3連勝で1位通過。男子複A組の園田啓悟(27)、嘉村健士(27)組=トナミ運輸=はデンマークペアを2-0で破り4強入り。

 目標だった準決勝進出が決まると、米元と田中はコート上で抱き合った。大一番で世界選手権優勝ペアを破る、価値ある白星を挙げた。田中が「個人的には全然良くない試合。パートナーに助けてもらった」と感謝すると、ここ数大会不調だったという米元は「今の(田中のコメントを)録音しておいてください」と笑った。

嘉村健士「自分が前衛、園田が後衛という個々の役割ができている。そこが好調につながっている」

園田啓悟「(一時の不調から脱し4強入りに)自信を取り戻した」

  • 女子ダブルスで準決勝進出を決め、喜ぶ米元(左)、田中組=ドバイ(共同)
  • 男子ダブルス準決勝進出を決めた園田(手前)、嘉村組=ドバイ(共同)
  • 女子ダブルス3連勝した福島(手前)、広田組=ドバイ(共同)
  • 女子シングルス敗れた山口茜=ドバイ(共同)