2017.12.10 21:22

山田姉弟、そろって昨年の雪辱果たす 姉・あゆみは思わずうれし涙/フェンシング

山田姉弟、そろって昨年の雪辱果たす 姉・あゆみは思わずうれし涙/フェンシング

女子エペで初優勝し、喜ぶ山田あゆみ=駒沢体育館

女子エペで初優勝し、喜ぶ山田あゆみ=駒沢体育館【拡大】

 フェンシングの全日本選手権個人戦最終日は10日、東京・駒沢体育館で各種目の決勝が行われ、エペは男子を山田優(自衛隊)、女子を山田あゆみ(城北信用金庫)が制し、姉弟そろって初制覇した。

 エペの男女は昨年ともに準優勝だった山田姉弟が雪辱を果たし、初制覇した。姉のあゆみは日大の後輩の馬場を15-11で振り切って優勝。思わずうれし涙をこぼし「信じられない。先輩の意地を見せられて良かった」と感慨に浸った。

 姉の優勝を見て決勝に臨んだ優は終始流れを渡さず、15-8で快勝。リオデジャネイロ五輪6位の見延(ネクサス)らが海外の大会に出場する中、あえて全日本選手権を優先して臨んだだけに「今年こそは絶対(優勝を)取る、それだけだった。自分のペースに持っていけた」と胸を張った。