2017.12.3 20:36

長沢、「小学生の頃から対戦していた」小林に31秒で一本勝ち/柔道

長沢、「小学生の頃から対戦していた」小林に31秒で一本勝ち/柔道

小林悠輔を破り優勝した長沢憲大=東京体育館

小林悠輔を破り優勝した長沢憲大=東京体育館【拡大】

 柔道のグランドスラム東京大会最終日は3日、東京体育館で男女計7階級が行われ、男子90キロ級は今夏の世界選手権団体戦メンバーの長沢が制した。決勝では「小学生の頃から対戦していた」という小林を相手に、開始31秒で内股巻き込みを決めた。

 この階級は、リオデジャネイロ五輪金メダルのベイカー茉秋(日本中央競馬会)が故障離脱中で、優勝が狙える選手がいないという理由のため今夏の世界選手権の代表派遣が見送られた。長沢は「世界選手権に出たい。その一歩となる優勝にしたい」と声を弾ませた。