2017.12.2 07:40

沙羅は4位、伊藤は5位…ルンビが通算5勝目/ジャンプ

沙羅は4位、伊藤は5位…ルンビが通算5勝目/ジャンプ

 【リレハンメル(ノルウェー)1日(日本時間2日)】ノルディックスキー・W杯ジャンプ女子の今季個人開幕戦(ヒルサイズ=HS98メートル)が行われ、平昌五輪金メダル候補の高梨沙羅(21)=クラレ=は93メートル、89メートルの合計252・0点で4位にとどまり、ジャンプの男女を通じて歴代単独最多の通算54勝目は持ち越しとなった。「悔しいですね。世界のレベルがどんどん上がってきていると、痛感させられた。自分に勝てるように頑張っていきたい」と言葉に力を込めた。

 昨季総合2位の伊藤有希(23)=土屋ホーム=は93・5メートル、87・5メートルの246・1点で5位に終わり、「(良くなっている)雰囲気はある。(周りの選手も)五輪に向けて調整してくると思う。自分もそこを目指している」と話した。マーレン・ルンビ(23)=ノルウェー=が最長不倒となる96メートルの大飛躍を見せ、271・5点で通算5勝目を挙げた。