2017.12.2 22:45

芳田、大会3連覇に安堵「これで来年につなげられる」/柔道

芳田、大会3連覇に安堵「これで来年につなげられる」/柔道

女子57キロ級決勝 山本杏(左)を破り優勝した芳田司=東京体育館

女子57キロ級決勝 山本杏(左)を破り優勝した芳田司=東京体育館【拡大】

 柔道のグランドスラム東京大会第1日は2日、東京体育館で男女計7階級が行われ、女子63キロ級は田代未来が初めて制し、同57キロ級は芳田司(ともにコマツ)が3連覇した。

 女子57キロ級の芳田は延長にもつれた決勝を鮮やかな一本背負い投げで技ありを奪って制した。世界選手権2位の悔しさを大会3連覇で晴らし「これで来年につなげられる」と安堵の表情を浮かべた。

 出場した日本選手4人がこの階級の表彰台を独占した。技の引き出しを増やすことを課題に挙げ「日本が強い階級。負けずにやっていきたい」と気合を入れ直した。