2017.11.23 05:00

【藤島親方のこの一番】白鵬、まるでだだっ子のよう

【藤島親方のこの一番】

白鵬、まるでだだっ子のよう

土俵に上がっても抗議

土俵に上がっても抗議【拡大】

 大相撲九州場所11日目(22日、福岡国際センター、観衆=6986)白鵬は潔くない。前代未聞だ。立ち合い、嘉風が当たらずにフワッと立った。作戦かどうかはわからないが、白鵬はこれで待ったと勘違いしたのかもしれない。

 しかし、両者はしっかり手をついて立ち、行司の「はっけよい」の声もかかって立ち合いは成立している。それを自分で勝手に勘違いして嘉風が寄り切り勝負がついたのに、受け入れず土俵下で手をあげてアピールしていた。まるでだだっ子のようだ。嘉風にスパッと二本入れられ、慌てて待ったしようとしたと思われても仕方ない。

 審判も黙っていないで、土俵に上がるようもっと早く指示すべきだった。後味が悪すぎる。当然、審判部に呼び出し注意する必要があるだろう。 (元大関武双山)

11日目結果へ12日目取組へ

  • 敗れた白鵬は土俵下で右手を挙げて待ったをアピール。納得いかない表情で居座った(撮影・仲道裕司)
  • 立ち合い成立も
  • 「待った」と勝手に判断
  • 寄り切られ土俵の下へ
  • 不服…土俵に戻らず1分超
  • リプレー確認要求
  • 弓取式まで“居座り”
  • 白鵬VS嘉風の対戦成績