2017.11.21 11:00(1/4ページ)

【二十歳のころ 上村愛子(1)】3学年上の里谷多英さんに芽生えたライバル心

【二十歳のころ 上村愛子(1)】

3学年上の里谷多英さんに芽生えたライバル心

特集:
二十歳のころ
1998年長野五輪のフリースタイルスキー女子モーグルで金メダルを獲得した里谷多英さん(右)と上村愛子さん。ライバル心が芽生えた瞬間でもあった

1998年長野五輪のフリースタイルスキー女子モーグルで金メダルを獲得した里谷多英さん(右)と上村愛子さん。ライバル心が芽生えた瞬間でもあった【拡大】

 大型連載の第34回は、フリースタイルスキー女子モーグルで1998年の長野から5大会連続で冬季五輪に出場し、日本の第一人者として活躍した上村愛子さん(37)。二十歳を前にした18歳で出場した自国開催の長野五輪ではメダルへの思いが芽生え、アイドル歌手のようなフィーバーを受け、壮絶なモーグル人生が始まった。過去の五輪で感じたメンタルの弱さを克服するまでにはコーチとの出会いなど、人とのつながりがあった。

【続きを読む】