2017.11.17 12:43

やく氏、白鵬の日馬暴行問題証言は「何をしたかということもいえるはず」

やく氏、白鵬の日馬暴行問題証言は「何をしたかということもいえるはず」

やくみつる氏

やくみつる氏【拡大】

 漫画家のやくみつる氏(58)が17日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。大相撲の横綱日馬富士(33)が10月の秋巡業中に開かれた宴席で平幕貴ノ岩(27)に暴行し、大けがを負わせた問題について言及した。

 宴席に同席した横綱白鵬(32)は16日、「(日馬富士は)報道されているような、ビール瓶では殴ってはおりません」と話し、日馬富士が貴ノ岩に馬乗りになって殴打したことにも、「その事実はない」と否定。「わたしはその場にいたわけですし、相撲界、世間に本当に申し訳ない思いでいっぱいです」と謝罪していた。

 やく氏は今回の騒動で「見る方としては本場所に集中できない。それが一番腹立たしい」と前置きしたうえで、宴会の同席者として初めて証言した白鵬に、「細かい描写ができるということは、(日馬富士が貴ノ岩に)何をしたかということもいえるはず。なにをしたという証言も聞き出さないといけない」と要望した。

 今回の騒動は貴ノ岩が先輩横綱に吐いた刺激的な発言が発端とされ、日馬富士が激高。白鵬によれば、暴行現場で貴ノ岩が日馬富士に謝っていたという。貴ノ岩も参加した10月26日の鳥取県民体育館での巡業では、支度部屋で日馬富士と明け荷が隣だった白鵬は、日馬富士と貴ノ岩が互いに握手をしながら謝意を示す姿が、和解したようにみえたようだ。