2017.11.13 05:00

【松本浩彦医師の目】羽生は「足をくじいた」状態…五輪は間に合う

【松本浩彦医師の目】

羽生は「足をくじいた」状態…五輪は間に合う

特集:
平昌五輪
羽生結弦
羽生の負傷箇所

羽生の負傷箇所【拡大】

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯(大阪市中央体育館)を右足関節外側靱帯(じんたい)損傷のために欠場した男子の羽生結弦(22)=ANA=が12日、日本スケート連盟を通じてコメントを発表した。

 談話から判断すると、一般の方でいう「足をくじいた」状態で、軽傷だろう。手術が必要なら平昌五輪も危なかったが、この状態なら間に合う。

 普通の人ならテーピングをし、足を引きずって歩いているくらいの状態だ。10日間の絶対安静というのも、高度な演技を行うスポーツマンだからで、念には念を入れてということだと思う。

 おそらく今後、絶対安静の間はギプスで足首を固定することになる。ギプスが外れた後はテーピングで抑えてのリハビリで、これが3週間。その後に練習を再開するとなれば、全日本選手権へは10日程度で仕上げることになる。

 全日本でのパフォーマンスは、出せて8割程度。4回転ジャンプを3回転にするなどパフォーマンスを落とし、無理をしないでほしい。 (医学博士、芦屋市・松本クリニック院長)

  • 日本男子の平昌五輪への道
  • 羽生結弦・今季成績