2017.11.12 22:40

湯浅ら2回目に進めず クリストフェシェンが通算13度目のV/アルペン

湯浅ら2回目に進めず クリストフェシェンが通算13度目のV/アルペン

W杯男子回転第1戦、1回目43位で2回目に進めなかった湯浅直樹=レビ(共同)

W杯男子回転第1戦、1回目43位で2回目に進めなかった湯浅直樹=レビ(共同)【拡大】

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は12日、フィンランドのレビで男子回転第1戦が行われ、湯浅直樹(スポーツアルペンク)は1回目で52秒21の43位となり、上位30選手による2回目に進めなかった。大越龍之介(東急リゾートサービス)は53秒24で59位だった。

 フェリックス・ノイロイター(ドイツ)が合計1分42秒83で2位のヘンリク・クリストフェシェン(ノルウェー)に0秒37の大差をつけ、2季ぶりとなる通算13勝目を挙げた。W杯総合6連覇中で、夏に左足首を骨折したマルセル・ヒルシャー(オーストリア)は1秒32差の17位だった。(共同)

大越龍之介の話「うまく攻められなかった。急斜面で丁寧に滑りすぎた。もっと縦に、直線的なラインで降りられればよかった。このままでは駄目」

  • W杯男子回転第1戦で優勝したフェリックス・ノイロイター=レビ(AP)