2017.11.12 22:45

女子500の郷、念願の表彰台「すごくうれしい」/スピード

女子500の郷、念願の表彰台「すごくうれしい」/スピード

女子500メートルの表彰式でタッチする優勝した小平奈緒(左)と郷亜里砂=ヘーレンフェイン(共同)

女子500メートルの表彰式でタッチする優勝した小平奈緒(左)と郷亜里砂=ヘーレンフェイン(共同)【拡大】

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦最終日は12日、オランダのヘーレンフェインで行われ、女子500メートルの郷は37秒88で3位に入り、念願だったW杯の表彰台に立った。前日は37秒70で5位。タイムは落としたものの「すごくうれしい」と穏やかな表情で喜びをかみしめた。

 今季は安定して37秒台で滑る力をつけ、小平に続く日本勢2番手の位置を確かなものにしつつある。中学時代から目標にしてきた小平を意識し「上の選手とはまだ差がある。タイムがもう少し必要」と向上心をのぞかせた。(共同)