2017.10.31 20:32

元幕内翔天狼、がん闘病中…力士会から見舞金

元幕内翔天狼、がん闘病中…力士会から見舞金

 大相撲の元幕内で西三段目21枚目、翔天狼(35)=本名松平翔、モンゴル出身、藤島部屋=が今夏からがんを患っていることが31日、分かった。2001年春場所初土俵で同期生の横綱白鵬が明らかにした。翔天狼は幕内在位25場所で敢闘賞を1度受賞。今年8月に日本国籍を取得した。

 白鵬によると、31日に福岡市内で開かれた力士会で、関取70人全員の寄付による見舞金を贈ることが決定。白鵬は09年秋場所で敗れて金星を与えており「大変に腕力の強い力士。一生懸命に頑張っている」と気遣った。