2017.10.28 10:00

【サンスポ×日体大】新体操・杉本、同時性を極めて美しく舞い金メダルを獲る

【サンスポ×日体大】

新体操・杉本、同時性を極めて美しく舞い金メダルを獲る

特集:
サンスポ×日体大
新体操・杉本早裕吏

新体操・杉本早裕吏【拡大】

 2020年東京五輪開幕まであと1000日。出身大学別最多の五輪メダリスト62人を輩出している日体大とコラボレーションした長期連載の第3回は、メダル獲得を狙うアスリートが「1000日前の誓い」を直筆で発表する。体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)個人総合銅メダルの白井健三(21)=3年=や、柔道の世界選手権(ブダペスト)男子66キロ級王者、阿部一二三(ひふみ、20)=2年=らが決意を表明。さらに、サンケイスポーツ作成のアンケートに応じ、今後の競技と私生活の目標を具体的に設定した。 (取材構成・角かずみ、石井文敏、鈴木智紘)

 9月の新体操の世界選手権(イタリア・ペーザロ)で過去最多となる1大会4個のメダルを獲得した日本代表「フェアリージャパン」で主将を務めた杉本早裕吏(さゆり、4年)は、「東京五輪で金メダルを獲得してたくさんの方々に恩返しをする」と誓った。1年後の2018年の目標に「世界選手権の総合のメダルを獲得し、東京五輪枠を獲得する」ことを掲げた。

杉本 早裕吏(すぎもと・さゆり)

 1996(平成8)年1月25日生まれ、21歳。愛知県出身。名古屋経大市邨高から日体大。2016年リオデジャネイロ五輪代表。今年9月の世界選手権で銀1、銅2を獲得。1メートル67、48キロ。