2017.10.9 15:20

東海大、10年ぶり出雲V!2年生5人で青学大の3連覇阻む/駅伝

東海大、10年ぶり出雲V!2年生5人で青学大の3連覇阻む/駅伝

出雲大社前をスタートする東海大の1区、阪口(中央手前)=島根県出雲市(撮影・恵守乾)

出雲大社前をスタートする東海大の1区、阪口(中央手前)=島根県出雲市(撮影・恵守乾)【拡大】

 第29回出雲全日本大学選抜駅伝競走(9日、島根・出雲大社正面鳥居前-出雲ドーム前、6区間45・1キロ)大学3大駅伝の開幕戦で、東海大が2時間11分57秒で10年ぶり4度目の優勝を飾った。3連覇を狙った青学大は1分33秒差の2位だった。(タイムは速報値)

 東海大は1区(8・0キロ)で阪口竜平(2年)が区間賞を獲得。2区(5・8キロ)の館沢亨次(2年)も健闘し、2位の神奈川大に17秒差をつけて、3区(8・5キロ)の松尾淳之介(2年)にトップでたすきをつなげた。松尾は3位に転落したが、首位の青学大との差を5秒にとどめた。4区(6・2キロ)の鬼塚翔太(2年)が区間賞に輝き、トップに再浮上。5区(6・4キロ)の三上嵩斗(3年)、最終6区(10・2キロ)の関颯人(2年)が青学大との差を広げ、10年ぶりの栄冠を勝ち取った。

 出雲駅伝大学 3大駅伝の開幕戦。1989(平成元)年に始まり、今年が第29回。6区間45.1キロと距離が短く、スピードレースとなる。今大会からシードが廃止され、各地区学連が選抜する20チームと米国アイビーリーグ選抜が出場。各地区学連の出場枠は北海道、東北、北信越、東海が1、関東が10、関西、中国四国、九州が2。最多優勝は山梨学院大の6度。昨年の優勝は青学大。

 【1区(8・0キロ)】

 1・0キロ 先頭が2分52秒で通過

 5・0キロ 先頭集団が9チームに絞られる

 5・5キロ 東海大・阪口と東洋大・西山が先頭集団を抜け出す

 6・0キロ 東海大・阪口が先頭に立つ

 7・0キロ 神奈川大・山藤が3秒差で東海大・阪口を追う

 8・0キロ 東海大・阪口が区間賞。神奈川大・山藤が2秒差で2位、青学大・梶谷は38秒差で8位

 【2区(5・8キロ)】

 1・0キロ 東海大・館沢、神奈川大・荻野が先頭争いを繰り広げる

 3・0キロ 青学大・田村が5位まで順位を上げる

 3・8キロ 青学大・田村が東洋大・相沢を抜き4位に浮上

 4・8キロ 青学大・田村が中央学院大・横川を抜き3位に浮上

 5・8キロ 東海大が首位通過。神奈川大が17秒差の2位、青学大が18秒差の3位で続く。田村は15分47秒で区間新記録をマークした

 【3区(8・5キロ)】

 1・0キロ 東海大・松尾淳之介が先頭。2位集団は神奈川・鈴木、青学大・下田、中央学院大・高砂による三つ巴の争いに

 3・4キロ 青学大・下田が神奈川・鈴木を抜き2位に浮上

 4・0キロ 東海大・松尾と2位集団3チームとの差が7秒まで縮まる

 6・8キロ 東洋大・山本が青学大・下田に追いつき、2位争いを繰り広げる

 7・8キロ 東洋大・山本が首位に浮上。2位に青学大・下田、3位に神奈川大・松尾が続く

 8・5キロ 青学大が首位通過。東洋大が3秒差の2位、東海大が5秒差の3位で続く

 【4区(6・2キロ)】

 1・0キロ 青学大・小野田、東洋大・吉川、東海大・鬼塚が三つ巴の先頭争いを繰り広げる

 3・8キロ 東海大・鬼塚が先頭に立つ。青学大・小野田が2位、東洋大・吉川が3位で続く

 5・4キロ 東海大・鬼塚が青学大・小野田との差を広げる

 6・2キロ 東海大が首位通過。青学大が14秒差の2位、東洋大が30秒差の3位で通過

 【5区(6・4キロ)】

 1・0キロ 東海大・三上が先頭。青学大・神林が2位、東洋大・今西が3位で続く

 5・0キロ 東海大・三上が青学大・神林との差を25秒に広げる

 6・4キロ 東海大が首位通過。青学大が37秒差の2位で続く

 【6区(10・2キロ)】

 1・0キロ 東海大・関を、青学大・橋詰が追いかける

 2・5キロ 青学大・橋詰が東海大・関との差を15秒まで縮める

 4・5キロ 東海大・関がペースを上げ、青学大・橋詰との差を広げる

 6・5キロ 東海大・関が独走態勢に入る

  • 秋晴れの下、出雲大社前を一斉にスタートする選手達=島根県出雲市(撮影・恵守乾)
  • 秋晴れの下、出雲大社前を一斉にスタートする選手達=島根県出雲市(撮影・恵守乾)
  • 沿道の声援を受け、出雲大社前を一斉にスタートした選手達=島根県出雲市(撮影・恵守乾)
  • 10年ぶり4度目の優勝を果たした東海大アンカーの関颯人=出雲ドーム
  • 1着でゴールしチームメートに胴上げされる東海大のアンカー6区、関颯人=島根県出雲市の出雲ドーム(撮影・恵守乾)
  • 1着でゴールしチームメートに駆け寄る東海大のアンカー6区、関颯人=島根県出雲市の出雲ドーム(撮影・恵守乾)