2017.10.5 17:41

安美錦、30代最後の1年へ気合「39歳でも何かやってくれると思ってもらえるよう…」

安美錦、30代最後の1年へ気合「39歳でも何かやってくれると思ってもらえるよう…」

報道陣から贈られたケーキを手に笑顔の安美錦=千葉県八千代市

報道陣から贈られたケーキを手に笑顔の安美錦=千葉県八千代市【拡大】

 3日に39歳の誕生日を迎えた大相撲の十両安美錦が5日、千葉県八千代市での秋巡業初日に報道陣からケーキを贈られるなどの祝福を受けた。11月の九州場所では昭和以降最年長の再入幕が確実。「横綱、大関と対戦したい。39歳でも安美錦なら何かやってくれると思ってもらえるように頑張る」と笑った。

 昨年の夏場所でアキレス腱を断裂。「(現役は)もういいかなという気持ちになった時もあった」と打ち明ける。それでもリハビリに耐え、今年7月の名古屋場所から2場所連続で10勝した。「勝てばうれしい、負けたら悔しい。その気持ちがあれば大丈夫。気づいたら40歳になっていると思う」と、30代最後の1年へ気合を入れた。