2017.9.21 05:00

メキシコ地震でパラ世界選手権延期…日本選手全員の無事を確認

メキシコ地震でパラ世界選手権延期…日本選手全員の無事を確認

 メキシコ中部プエブラ州ラボソで現地時間19日午後1時14分(日本時間20日午前3時14分)ごろ、マグニチュード(M)7・1の地震が発生した。少なくとも217人が死亡。首都メキシコ市の市長は非常事態を宣言した。

 国際パラリンピック委員会(IPC)は20日、大規模地震の影響により、メキシコ市で30日から開催予定だった競泳とパワーリフティングのパラ世界選手権を延期すると発表した。日本の選手の一部、スタッフが既に現地入りし、高地に慣れる合宿を行っていたが、20日に全員の無事が確認された。地震発生時、日本チームは市内のホテルに滞在中だった。