2017.9.9 21:55

中田ジャパン、フルセットの激闘も米国に敗戦…6年ぶり勝利ならず/バレー

中田ジャパン、フルセットの激闘も米国に敗戦…6年ぶり勝利ならず/バレー

米国(右奥)に惜敗し、肩を落とす日本=名古屋市ガイシプラザ

米国(右奥)に惜敗し、肩を落とす日本=名古屋市ガイシプラザ【拡大】

 バレーボール・ワールドグランドチャンピオンズ杯女子大会第4日(9日、愛知・日本ガイシホール)中田久美監督(52)率いる世界ランク6位の日本は、同2位の米国に25-22、21-25、28-26、21-25、12-15でフルセット負け。6年ぶりとなる米国戦勝利はならなかった。日本は2勝2敗となり、10日の最終戦で4戦全勝の同1位の中国と対戦する。

 【第5セット】

 日本は冨永のサーブで相手を崩すとブロックで最初のポイントを奪う。さらに内瀬戸の強打から米国のブロックアウトでポイントを連取。しかしレシーブミスと相手の強打で3-3となり、一進一退の展開。米国が多彩な速攻でリードを奪うも、鍋谷の強打が最終セットでも冴え追いすがる。しかし荒木の移動攻撃がアウトになり7-10になると、最後まで逆転できず。最後は12-14から米国に強打を決められ敗れた。

 【第4セット】

 日本は序盤から荒木の効果的なサーブや、鍋谷の強打が決まり6-3とリード。しかしサーブレシーブでミスを重ね、米国の高いブロックに阻まれるなど7連続ポイントを奪われ8-13と逆転を許した。日本は新鍋の強打で対抗したが、米国が着実にポイントを重ね追いつけない。そのまま18-24とセットポイントを握られると、最後は速攻を決められ、21-25でこのセットを落とした。

 【第3セット】

 日本は開始から3連続ポイントでリードを奪ったものの、米国の強打に苦しみ接戦に。それでも荒木のブロードや相手のサーブミスもあり、12-8とリードを広げた。しかし米国の強打、クイックが決まり、そこに日本のミスもあり6連続失点で14-15とリードを奪われた。その後は鍋谷のバックアタックが2連続で決まるなど多彩な攻撃で対抗。お互いに決め手なく24-24とジュースに突入した。日本が27-26と先にセットポイントを迎えると、最後は米国の強打をブロックで阻み、このセットをものにした。

 【第2セット】

 ラリーが続く展開から序盤は一進一退。しかし、米国の強打とブロックなどの高さに日本が苦しみ、8-11と差を広げられた。その後は石井の強打や速攻などで対抗したが2点差をなかなか詰められず終盤へ。17-20とされると日本が先に2度目のタイムアウト。流れを変えたかったが、米国のブロックポイントで20-24とされると、最後は冨永のアタックをブロックされ、21-25でこのセットを落とした。

 【第1セット】

 開始早々から冨永のサーブポイント、荒木のブロック、などで5-1と日本がリードすると米国がたまらず先にタイムアウト。この後も日本は攻勢を強め、サーブで米国の陣形を崩し3連続ポイントで10-3とリードを奪う。米国は早くも2度目のタイムアウトを取ったが、ここから反撃。サーブを拾って陣形を立て直すと、徐々に強打が決まり出し日本は3連続ポイントを奪われるなど15-14と差を縮められた。

 しかし、ここで富永のサーブポイントや、米国のミスもあって23-18と日本がリードを奪う。さらに荒木のブロックで24-20と先にセットポイントを握ると、最後は米国のサーブミスで25-22でこのセットをものにした。

 日本の先発メンバーは以下の通り。

 WS:新鍋理沙、石井優希、内瀬戸真実 MB:荒木絵里香、奥村麻依 S:冨永こよみ L:井上琴絵

ワールドグランドチャンピオンズ杯

4年に1度、五輪の翌年に行われる国際バレーボール連盟(FIVB)公認大会。通称・グラチャン。アジア、欧州、北中米、南米の各大陸代表と開催地、主催者推薦の6カ国が参加し、総当たりで順位を決める。1993年の第1回大会から全て日本で開催されており、女子で日本の最高成績は2001年と13年の3位

  • 第2セット、ポイントを決め喜ぶ鍋谷(11)ら日本=名古屋市ガイシプラザ
  • 第1セット、ブロックする冨永(左)と奥村=名古屋市ガイシプラザ
  • 第1セット、スパイクを決める内瀬戸=名古屋市ガイシプラザ
  • 第1セット、スパイクを放つ新鍋=名古屋市ガイシプラザ