2017.9.4 17:21

小橋建太氏、“戦友”高山善廣にエール「ガンバレ ファイト マケルナ」

小橋建太氏、“戦友”高山善廣にエール「ガンバレ ファイト マケルナ」

高山善廣(左)と小橋建太氏

高山善廣(左)と小橋建太氏【拡大】

 プロレスラー、高山善廣(50)の公式ブログが4日、更新され、5月4日のDDT豊中大会で負ったけがが、「頸髄損傷および変形性頚椎症」と診断され、「現在、首から下が動かない状況」であると報告した。「厳しいリハビリ、怪我と闘っております」としている。

 元プロレスラーの小橋建太氏(50)は同日、ツイッターを更新。「三冠、GHC選手権では熱く激しく!! 復帰戦では僕のパートナーに!! 引退大会ではセミファイナル終了後、マイクで熱いメッセージ!! みんなで高山選手を応援しよう!! ガンバレ タカヤマ! ファイト タカヤマ! マケルナ タカヤマ!」と“戦友”にエールを送った。

 小橋氏は全日本プロレスとノアで高山と激闘を繰り広げ、タイトルマッチでは3冠ヘビー級、GHC同級王座などを争った。腎臓がん摘出手術からの復帰戦となった2007年12月のノア日本武道館大会では、高山がタッグパートナーを務めた。13年5月に現役を引退した。