2017.9.2 18:01

元幕内佐田の富士が断髪式「長いようで短い14年間だった」

元幕内佐田の富士が断髪式「長いようで短い14年間だった」

断髪式を終え、整髪した中村親方(左)と妻の佳苗さん=2日午後、東京・両国国技館

断髪式を終え、整髪した中村親方(左)と妻の佳苗さん=2日午後、東京・両国国技館【拡大】

 5月の大相撲夏場所限りで現役を引退した元幕内佐田の富士の中村親方(32)=本名山本哲博、長崎県出身、境川部屋=が2日、東京・両国国技館で断髪式を開き、同部屋の大関豪栄道ら約300人がはさみを入れた。同親方は「初めてまげを結った時はうれしかった。長いようで短い14年間だった」と、しみじみと現役生活を振り返った。

 体重200キロ前後の巨漢で、突き、押しを武器に幕内在位22場所。「若い力士に突き、押しを教えていきたい」と後進の育成に意気込んだ。

 師匠の境川親方(元小結両国)は「私が部屋を持ってから一番稽古をした。もっと男を磨いて覚悟を持った指導者になってもらいたい」と期待した。

  • 断髪式で師匠の境川親方(後方)に大銀杏を切り落とされた中村親方=2日午後、東京・両国国技館