2017.8.24 10:02(3/4ページ)

【サンスポ×日体大】阿部一二三、柔道で金メダルのために生まれた芸術作品

【サンスポ×日体大】

阿部一二三、柔道で金メダルのために生まれた芸術作品

特集:
サンスポ×日体大
激しい稽古で中でも、時折笑顔を見せる日本体育大学柔道部の阿部一二三=日本体育大学(撮影・佐藤雄彦)

激しい稽古で中でも、時折笑顔を見せる日本体育大学柔道部の阿部一二三=日本体育大学(撮影・佐藤雄彦)【拡大】

 「やっと目標にしてきた舞台に立てる。一気に駆け上がってきたことはなく、積み上げたから今がある。自分の柔道をしたら世界で負けないと思っている。言わないことには始まらない。思っていることが口に出ているだけ。もっと、強くなりたい」

 五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡(27)=パーク24=は66キロから73キロに階級変更。9日に20歳の誕生日を迎えた阿部は、66キロ級で日本柔道界を引っ張る覚悟だ。

 「世界の人たちに、66キロ級はやはり『阿部一二三だな』と思わせられるように、力を見せつけて優勝したい。(日本代表は)全階級で、金メダルを狙えると思うので、自分たちがいいスタートを切れればいい。すごいいい勝ち方で次の階級の人にパスできれば」

 20歳で迎える初の試合に向けて決意を示した。優勝を成し遂げ、3年後の大舞台への足がかりとする。

【続きを読む】

  • 岡田准教授がほれ込む阿部の肉体。まるで彫刻のような仕上がりだ(撮影・佐藤雄彦)
  • 世界選手権に向け、稽古に打ち込む阿部を独占撮影!!道場は緊張感に包まれていた(撮影・佐藤雄彦)
  • ソウル五輪柔道男子65kg級表彰式、銅メダルの山本洋祐=1988年9月26日